看護師は病院とクリニック、どちらを選ぶべき?

看護の仕事と一言で言ってしまったら簡単ですが、活躍できる場というのは色々あります。
その職場によって給与体系や人間関係、扱う医療機器などが異なってくるため、転職する際にはきちんとシミュレーションしなければいけません。看護師転職サイトを見てみると、病院とクリニックの求人が圧倒的に多いという事が分かります。それだけ人手が足りていないという事にもなります。給与が良いからという理由や自宅から近いからという理由で応募するのはやめましょう。今後長く勤めていくことになる職場ですので、どのような雰囲気であるのかという点を確認しておくべきです。看護師が転職する際には、自分がどちらに適しているのか知っておく必要があります。自分に不向きな職場へ行ってしまったら、再びすぐ職を変えるわけにはいかないので勤めるしかなくなってしまいます。そういった失敗をしないためにも、自分についてよく考えて自己診断をしましょう。


子供を抱えている看護師はクリニックがおすすめ

中学生以下の子供を抱えている方は、夜勤するのは厳しくなってきてしまいますよね。
子供に何かあったら困りますし、夜くらいは一緒にいる時間を作ってあげたいと考えている看護師も居るでしょう。その場合はクリニックがオススメです。こちらは不規則な業務時間ではありませんし、一緒に働く方の数も少ないので人間関係によるトラブルも起きにくいです。残業もほとんどないですし、日曜日もお休みですからゆっくり休むことが出来ます。子育てを重視する方におすすめの職場だと言えます。子供がある程度大きくなるまではクリニック勤務にしておく、というのも一つの方法です。


スキルアップを目指す方は病院がおすすめ

不規則な業務時間ではないから過ごしやすい・働きやすいと考えてクリニックを希望する方も多くいます。
今まで多くの経験をしてきたという方や、子供が成長するまでの間のみと考えている方はクリニックが良いと紹介しました。逆にスキルアップを目指したいと考えている看護師は病院がおすすめです。病院には様々な医療機器がありますし、学ぶべきことも多いですから着実にスキル向上を目指すことが出来ます。また、こちらは年収が高くなっていることが多いので種乳を重視している看護師に向いています。クリニックとは異なり夜勤がありますから、給与体系にも大きな違いが生じます。収入を優先に考えている方は、病院求人を探して応募してみて下さいね。